GTRローラ スーパーエンプラ製品 タイカグライト ツールホルダ FRPボルトナット セラトン ボビン 配電カバー
   
 
技術、開発に関するお問い合わせ
 
   
 
   


タイカグライトとは

弊社が合成樹脂と炭素繊維とを独自の技術で複合した成形材料、並びに成形品、及び特殊添加剤による耐摩擦摩耗にすぐれたエンジニアリングプラスチックの総称です。
   タイカグライトの主なる特長  
   1  自己潤滑性がある
タイカグライトは自己潤滑性を有しています。
従って、潤滑油の使用出来ない雰囲気で使用される摺動部材(例、水中、熱風中)に用いることが可能です。しかも、その摺動部材としての使用可能域は広く、低PV値から高PV値迄広範囲にわたって安定した摺動性能を示します。
 
   2 寸法安定性に優れている
タイカグライトBタイプは基材には鉱物質の安定したものを主体とし、又樹脂も網目状構造の強固なものを用いていますので、構造材料の必須条件である寸法安定性を満足させてくれます。
 
   3 耐熱性が良い
タイカグライトは特殊フェノール樹脂及びエポキシ樹脂をベースレジンとしているため、他の摺動部材に比べて耐熱性に優れており150℃〜170℃雰囲気中での長期連続使用にも耐えますし、短時間であれば250℃〜280℃雰囲気になりましても問題ありません。又、特殊超耐熱樹脂をベースレジンとしたものは250℃〜350℃の使用にも耐えます。
 
   4 熱の伝導性が良い
タイカグライトは炭素繊維等熱伝導性の良い基材が複合されているため、他の一般樹脂製品に比較して摺動により発生した摩擦熱は摺動部分外へ早く放散し蓄熱を防ぎます。
 
   5 導電性を有している
タイカグライトBタイプは基材に炭素繊維等導電性の良い材料を使用していますので、摺動によって発生する静電気を防止します。
 
 
 
トップに戻る